ホーム クリニック紹介 医師スタッフ紹介 受診方法 アクセス・診療時間

 

なぜ栄養解析が必要なのでしょうか?

 

いろいろな症状があるが薬では症状を一時的にしか抑えられない、人間ドックや健康診断で「異常なし」にも関わらず体調が思わしくない・・・

 

そのような症状の多くに、栄養の不足や栄養バランスの乱れが関係しているといわれています。

 

現代の日本人の食事は、カロリーは豊富でも栄養素的には不足しているものが数多く見られるのも事実です。充分バランスに気を配った食事をしているつもりでも、精製された食品や加工食品では栄養素が破壊されています。

 

ましてや、ファーストフードやコンビニ弁当では・・・

 

ストレスにあふれた現代社会で健康に暮らしていくには、想像以上にさまざまな栄養素不足に目を向けていく必要があると思います。症状からの判断だけでは把握しきれない身体の状態を、詳細な血液検査から科学的に知る方法が「栄養解析」です。

 

どんな栄養素がどのくらい不足しているかを数値で知ることが出来ます。

 

 

例えば、亜鉛が不足していた場合

 

10項目のうち3項目以上が該当の場合、亜鉛欠乏の可能性が高いです!

 

・風邪をひきやすい
・洗髪時、髪が抜けやすい
・食欲不振になりやすい
・肌が乾燥しやすい
・傷の治りが悪い、跡が残りやすい
・爪に白い斑点がある
・味覚や嗅覚がにぶい
・性欲が落ちた
・気分が沈む
・ネックレスなどで皮膚炎がおこる
・傷や虫さされが膿みやすい

 

 

栄養解析の流れ

 

現在推奨されている栄養素の摂取量 (例: ビタミン C の摂取量は 1 日 100mg など) は、欠乏症を防ぐ観点から規定されていますので、症状の改善や治療に適した量に比べると絶対的に不足しています。

 

分子整合栄養医学(※)に基づき、70項目にのぼる血液検査データから、詳細な栄養状態をチェックし、そのデータから各個人に不足する栄養素と必要量を解析します。

 

(※)分子整合栄養医学とは日常に見られるさまざまな症状の中には、ビタミンやミネラルといった微量栄養素の不足や欠乏による栄養バランスの乱れが原因で生じるものがあります。

そこで、これらの栄養素の不足や欠乏を血液検査から読み取り、補うことで、今まで改善できなかった症状にアプローチする医学を「分子整合栄養医学」(Orhomolecular Medicine)と言います。

 

①採血日をご予約していただきます
 *8時間(可能でしたら12時間)の絶食が望ましいです(水のみ可)

 

②ご来院
 採血前に問診票を記入し医師の診察を受けていただきます。

 栄養解析セット項目の採血・尿検査を行います

 

③結果
 3週間ほどお時間をいただきます。
 患者様へ解析結果のご説明をします。

 ご希望と予算に合わせたサプリメント処方を調整いたします

 

④3~6カ月後に効果判定の採血、栄養解析をされるのが理想的です


治療に際して用いられるサプリメントも医療用のドクターズサプリメントと呼ばれるもので、GMP 基準 (医薬品の製造に関してその効果や安全性を確保するために設けられた基準) に適合した信頼性の高い製品です。

 

市販のサプリメントの中には粗悪なものも多く見られます。安価なだけで、含有量や吸収率が悪ければ効果はほとんどありません。

 

料金(自由診療になります)

 

内容 料金 (円)
栄養解析実施判断料 (自費) 15,000
主なサプリメント価格の目安 (約 1 か月分) ヘム鉄 4,050
亜鉛 4,100
ビタミン B 群 3,600
ナイアシン 2,800
ビタミン C 3,240

 

·不足の程度によってはひと月で2か月分の服用が必要な場合もあります。
·その他各種サプリメントも扱っています。

 

当院で扱うサプリメントは GMP (適正製造規範) 基準適合工場でつくられ、高純度・高品質の治療に適した製品(株式会社MSS製)です。

 

 


[休 診 日 ] 水曜日・日曜日・祝日
[診療科目] 内科/心療内科/
      循環器内科/血液内科

〒233-0013 横浜市港南区丸山台1-11-17
駐車場は2台分あります。(車高180cm以下)
駐輪場は約10台とめられます。

△ページの一番上へ